メインイメージ

キャッシングを利用できる人、できない人

キャッシングを利用してみたいけれど、審査に通るか不安だとい人が多くいます。
どのような人が利用できて、どのような人は利用できないのでしょうか。
まず、基本的には20歳以上の安定した収入のある人ならば、だれでも利用することができます。
正社員でなくても、契約社員やアルバイト、パートとして働いている人でも、お金を借りることができます。
ただし、上記の条件を満たしていたとしても、すでに多額の借り入れをしている場合には審査に落ちてしまうことがあります。
消費者金融には総量規制という規定があり、年収の3分の1までしか借金ができないことになっているからです。
専業主婦の人でお金を借りたいという人もいるでしょう。
専業主婦は収入がないので原則的にはお金を借りることができませんが、配偶者に返済能力があればお金を借りることができます。
ただし、この場合には夫と妻の借金の合計額が総量規制に引っかからないことが条件となります。
キャッシングは20歳以上でなければ利用できないと書きましたが、1つだけ例外があります。
それが学生ローンです。
学生ローンは大学生や短大生、予備校生であれば18歳以上からお金を借りることができます。
親に内緒で借りることもできますし、返済は社会人になってからでも大丈夫です。

http://www.chglab.com/?chg=1